南三陸トリビア

旧歌津町のマンホールの蓋

2014年12月24日

神割崎トリビア
きのぷー
きのぷー
マンホールの蓋のデザインは千差万別で、それぞれの地域の特色が生かされているもの。南三陸町にもユニークなデザインのマンホールがありますよ(^∀^)ノ

以前、旧志津川町のマンホールの蓋をご紹介しましたが、今日は旧歌津町時代に設置されたと思われるマンホールの蓋をご紹介します(*> ᴗ •*)ゞ

写真のマンホールの蓋は伊里前エリア、歌津駅近くで見かけたものですが、やはり歌津らしさ満載なデザインになっています!
これって、どう見てもウタツサウルスがアンモナイトを咥えてる絵ですよね?

参考旧志津川町のマンホールの蓋

旧志津川町時代のモアイのマンホール
旧志津川町のマンホールの蓋

中央に描かれているモアイがクローズアップされがちですが、周囲に描かれている魚介類にも注目!志津川「らしさ」満載のマンホールの蓋ですね!

続きを見る

[likeme]
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸トリビア
-, , ,